2012/12/28

仕事納め



 
            12月30日(日)~1月6日(日)までお休みさせて頂きます。

                        
             今日は、今年最後の忘年会です。
           毎年恒例の親方宅に弟子一同が集まっての忘年会です。
             いつも仕事納め直前なので、私の方はあとは大掃除をして今年の仕事は終わりにしようと
                                                                  思ってます。
             皆が健康でそれぞれの仕事をがんばり、笑って集まれることは幸せです。
           今年も1年間どうもありがとうございました。

                                           ・・・・・・・・・・・皆様にとって、素敵な年末年始となりますよに・・・・・・・・
 

2012/12/27

HIROSHI  ARAI



 友人でもあり、仕事仲間でもある荒井弘史氏が 「荒井弘史靴誂え室 」を立ち上げました。
HIROSHI  ARAI のハンドソーンウェルテッド製法のオーダーシューズの底付けを手掛けさせて頂  いております
 荒井氏は山形の宮城興業で長年、機械生産のノウハウを身に付け数々のブランドの企画を手掛けて来ました。
自分で一貫して出来る仕事とは違い、機械生産でいろんな人の手に渡り安定した靴を作るということは、工場のことも機械のこともそれを扱う人のことも知りつくさなければなかなかうまくいくことではないと思います。
機械生産のパターンオーダーシューズや今回の試みも荒井氏だから出来ることなのでしょう。      
             
サイトの方にお取扱店など載っておりますので、ぜひ一度お試しくださいませ。
                               

                                 http://h-arai.com/  


 

2012/12/22




2012/12/14





                                         三菱一号館美術館で開催しているシャルダン展。
                                         歩くと靴音がコツコツと静寂の中に鳴り響く素敵な建物と、削ぎ落としの美の奥に秘める静か
        な強さが 心に残るシャルダンの絵。
                                         ずっとこの空間に浸っていたくなるほど、素敵な時間を過ごせました。
                                         絵のことはよくわかりませんが、今まで見た静物画の中でもとても印象深い大好きな絵でした。




2012/12/08

マッケイ製法の靴


 
 
職人の見習いとしての仕事の入り口がマッケイ製法の靴でした。
カンガルー、キッド、カーフなど肉薄の革で作られたマッケイ製法の靴が、今よりも多く出回っていたような気がします。
その後も工場でマッケイ製法の靴をひたすら作り続けていたので、底付けの感覚も目もその頃にだいぶ鍛えられました。
何事も基礎が大事だと言います。何度も何度も飽きるほど手を動かして基礎を学べば、絶対に忘れない感覚が身体に染み込むものだと思います。
ものづくりに大事なことは、気の遠くなるようなひとつひとつの積み重ねを手を抜かないことのような気がします。