2012/03/31

 


 

















「それからはスープのことばかり考えて暮らした」

想像力を掻き立てる素敵なタイトルとともに、自分も物語の中へすぅーっと入り込んでしまったのか、あっという間に読み進んでしまい、終わらないで欲しいから、ページをめくりたいけどめくりたくない思いが。
サンドウィッチとスープとともに、もう一度
ゆっくりと読み直そう。
 

2012/03/17

思い込む







  たくさん職人がいた工場では、白のスエードや色の薄い汚れやすい革の時は、決まって腕のいい職人さんが手掛けていたなぁ。



半年くらい鏡を見つけていたけれど、なかなか気に入るものがなかったので、欲しいものが見つかるまで買わずにいました。
1か月くらい前に、やっと気に入った物が見つかりワクワクして到着を待っていました。
届いて開けてみると運送中に割れてしまったようで、運送屋さんがお直ししてくれて待つこと1か月、ようやく手元に届きました。
鏡を見てみると、はじめて見た時の感動がぜんぜんない。
何かが違うんだよなと眺めていると、綺麗になりすぎてる。
すごく古いフレームの物だったから、欠けていたり擦れていたりしていたのを含めてよかったのに、すっごく綺麗になっちゃった。
擦れていたフレームは・・・ピカピカです。
欠けていた部分は・・・つぎはぎしてくれてました。
もーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
行き場のないもーです。

でもきっと割ってしまったから、汚いから綺麗にしといてやろうという善意でやったことだろうし、言わなかった自分も悪かった。この鏡はこうなる運命だったんだと思い込むしかない。




2012/03/05

整理整頓しなくていい場所

ぐちゃぐちゃ



なんだこりぁ


ちょっと片付いてる


師匠の仕事場がぐちゃぐちゃしていると元気に働いてるんだなと安心する。
このぐちゃぐちゃの中で仕事の話を一緒にしている方が落ち着く。

仕事を教えてもらってた時、道具を借りようとしてもこの中から探し出すのは困難で、師匠と奥さん
みんなで探しまわることがよくあった。
ある時から見つけやすいように、すべての道具の柄に赤いテープがぐるぐる巻きつけてあった、、、、、

意地でも掃除しないんだなと思ったら、なんか笑えた。