2012/12/28

仕事納め



 
            12月30日(日)~1月6日(日)までお休みさせて頂きます。

                        
             今日は、今年最後の忘年会です。
           毎年恒例の親方宅に弟子一同が集まっての忘年会です。
             いつも仕事納め直前なので、私の方はあとは大掃除をして今年の仕事は終わりにしようと
                                                                  思ってます。
             皆が健康でそれぞれの仕事をがんばり、笑って集まれることは幸せです。
           今年も1年間どうもありがとうございました。

                                           ・・・・・・・・・・・皆様にとって、素敵な年末年始となりますよに・・・・・・・・
 

2012/12/27

HIROSHI  ARAI



 友人でもあり、仕事仲間でもある荒井弘史氏が 「荒井弘史靴誂え室 」を立ち上げました。
HIROSHI  ARAI のハンドソーンウェルテッド製法のオーダーシューズの底付けを手掛けさせて頂  いております
 荒井氏は山形の宮城興業で長年、機械生産のノウハウを身に付け数々のブランドの企画を手掛けて来ました。
自分で一貫して出来る仕事とは違い、機械生産でいろんな人の手に渡り安定した靴を作るということは、工場のことも機械のこともそれを扱う人のことも知りつくさなければなかなかうまくいくことではないと思います。
機械生産のパターンオーダーシューズや今回の試みも荒井氏だから出来ることなのでしょう。      
             
サイトの方にお取扱店など載っておりますので、ぜひ一度お試しくださいませ。
                               

                                 http://h-arai.com/  


 

2012/12/22




2012/12/14





                                         三菱一号館美術館で開催しているシャルダン展。
                                         歩くと靴音がコツコツと静寂の中に鳴り響く素敵な建物と、削ぎ落としの美の奥に秘める静か
        な強さが 心に残るシャルダンの絵。
                                         ずっとこの空間に浸っていたくなるほど、素敵な時間を過ごせました。
                                         絵のことはよくわかりませんが、今まで見た静物画の中でもとても印象深い大好きな絵でした。




2012/12/08

マッケイ製法の靴


 
 
職人の見習いとしての仕事の入り口がマッケイ製法の靴でした。
カンガルー、キッド、カーフなど肉薄の革で作られたマッケイ製法の靴が、今よりも多く出回っていたような気がします。
その後も工場でマッケイ製法の靴をひたすら作り続けていたので、底付けの感覚も目もその頃にだいぶ鍛えられました。
何事も基礎が大事だと言います。何度も何度も飽きるほど手を動かして基礎を学べば、絶対に忘れない感覚が身体に染み込むものだと思います。
ものづくりに大事なことは、気の遠くなるようなひとつひとつの積み重ねを手を抜かないことのような気がします。
 

2012/11/30





今日はどんよりとした曇り空。
買い出しも外に出る用事もないので、こんな日は集中して仕事が出来る日。


2012/11/15



 


2012/10/30

 


2012/10/16








2012/10/09

Ladie's Shoes



    ベージュのカーフの革をパティーヌでバーガンディへ変身。
  好みの色合いや濃淡を付けて染色することが出来るので、革の表情をいろんな角度から楽しめると思います。
  シンプルなデザインの方が、よりパティーヌが映えるような気がします。





2012/10/01

A DAY

 


                                         広島にて 、綺麗な中秋の名月を見ることが出来ました。         Sep 30, 2012


 

2012/09/24

無事に終了


先週末3日間、足を運んでくださった皆様、どうもありがとうございました。


9月に入っても暑い日が続いておりましたが、週末あたりから朝晩の空気がだいぶ秋めいてきたように感じます。
週末の渋谷を歩くことが少なくなったので、傘をさしながら相手のペース 
に飲まれないようさっそうと歩くにはコツがいります。
たまにはいいものです。
週末の雨降りもいいものです。
 
引き続き既成品は店頭で販売しておりますので、ぜひ足をお運びくださいませ。
 


2012/09/20

9月21日(金)~23日(日)のお知らせ

 
 
明日から西武渋谷店B館5F で新作お披露目会です。
 
この機会にぜひ、いろいろとお試しになってみてくださいませ。
 
 

 

2012/09/05

9月21日(金)・22日(土)・23日(日)新作お披露目会を開催します



 
                      
9月21日(金)~23日(日)西武渋谷店B館5F紳士靴売り場で、既成靴の新作お披露目会を開催致します。
           
売り場からの、素足でも履けるようなハンドソーンの靴が欲しいなというご提案のもとから、何度も何度も話し合いを重ねながら出来上がった靴は、足あたりのやわらかいハンドソーン製法の靴です。 
ストレートチップ、ダブルモンクストラップ、スリッポン、ブーツなどなど、全部で6型。 
とてもカッコいい靴が出来上がりました。

○9月21日(金)~23日(日)新作お披露目会とともに、オーダー会、サンプルセールを予定しております。         
 どうぞお気軽にふらっとお立ち寄りくださいませ。
                                                                  
                                                

2012/08/27

夏の終わりに

 
 


ラジオから流れてきたフジファブリックの若者のすべて。

夏の終わりを肌で感じるこの頃です。
 
           

2012/08/20

Monkey Boots








2012/08/10

お休み


          

 
     ここ最近、朝晩とだいぶ涼しくなりましたが、まだまだ暑い夏を味わいたい気分です。  
 8月11日(土)~16日(木)までお休みさせて頂きます。



2012/07/17

               



               暑さが急に増してきましたが、お出掛け日和の3連休でしたね。
               3連休は出来なかったので、寄り道してからの出勤にしました。




浅草橋にあるルーサイト ギャラリーへ。
白いシンプルなマグカップやお皿が素敵だったので、ずっと眺めていたら、柳宗理がまだ知られていない頃の松村硬質陶器時代の物だよと教えて頂きました。戦後まもなく物資不足の中、沈没した船から石炭を運び出し、燃料にして焼かれたようです。今では白のシンプルな陶器は当たり前のように売られていますが、その当時は絵や柄のない白無地のものは売れないと、どこも取り扱ってくれなかったようです。
今でも復刻されて売られていますが、当時のものは材質や焼き型が違うのか、質感やフォルムがとても柔らかい表情をしています。稀有なものなのに、普段使いにはちょうどいい価格だったので、購入して仕事場へ。
気持ちがこめられたものは時が経つほど、輝いて見えます。










2012/07/10

今日はいい天気










ちょうどこの仕事を始めた頃、何気なくつけていたテレビに宮大工棟梁・ 西岡常一さんの特集があり
西岡さんから発せられる言葉ひとつひとつに、引き込まれるよう見入ってしまいました。
ただただ純粋に誠実に法隆寺の復元や仕事に向き合っている言葉のひとつひとつが、心に重く響き西岡さんに興味を抱きました。
この道を選んだ私にとって、とても魅力的な存在です。

西岡さんは95年に他界されましたが、先代から西岡さんへ、西岡さんからお弟子さん達へと、技術や仕事に対しての姿勢や思いが生き継がれていることが何よりもの財産だと思います。





2012/07/02

straight tip







 
                                昨日、出掛けついでに街をぶらぶらしていたら、百貨店などではもうSaleが始まっていました。
                   早いなぁ、、、と思います。
                   ついでに靴売り場に立ち寄ると、素敵なウェッジソールのサンダルを見つけました。

                  夏が待ち遠しいですね。




2012/06/25

slipon







           暑い夏が似合う靴。

          靴紐や留め具がないので脱ぎ履きが楽な分、足入れのサイズ感が難しいのですが、
          梅雨が明けたら履きたい一足。






2012/06/15

梅雨の晴れ間








昨日は爽やかで気持ちがよく、たくさん洗濯をしたくなるような陽気でした。
またこれから雨が続くのでしょうか。

女性の足元は数年前に比べて、レインブーツの割合が増したような気がします。
男性はレインブーツというわけにもいかないと思いますので、お手入れさえきちんとすればいいと思います。
革が染みになりやすい靴は、雨の日は避けた方がいいと思いますが、雨に濡れたしまったら帰宅後、新聞紙を
丸めたものを靴の中に入れて自然乾燥です。ひどく濡れてしまった場合は、新聞紙を数回入れ替えるといいですね。
乾いたら、シューキーパーに入れて埃や汚れををブラッシングをして落としてから保湿クリームを入れる。コバやヒール周りも靴クリームを入れると、ぐんと生き返ります。

ローテーショーン出来るよう、靴も数足用意しておくと永く愛用することが出来ます。



2012/05/21

わかってるけれど



金環日食、肉眼でちらちら見てしまいました。








2012/05/12










渋谷イメージフォーラムで上映中の「はじまりの記憶」
       杉本博司さんを長期密着取材した81分間のドキュメンタリーです。
   杉本さんの作品,創造の源,
      このために作られた音楽

        観に行ってよかった。



2012/05/10






ボーっと過ごせたGWも終わったので、また新たにがんばります。

2012/05/02







5月3日(木)~7日(月)までお休みさせて頂きます。
楽しいゴールデンウィークをお過ごしくださいませ。



2012/04/10

グルジア






         興味があって手に取ったもの、見たいと思ったものが、たまたまグルジアのものが重なりました。

         はるか昔からいくつもの国から侵略を受け続けながら、伝統や文化を守ってきたのは、心の内底 
         から放つ思いが強かったからなのか。
         対極のことの中から生み出される何かに、この国の魅力が詰まっているような気がしました。








2012/03/31

 


 

















「それからはスープのことばかり考えて暮らした」

想像力を掻き立てる素敵なタイトルとともに、自分も物語の中へすぅーっと入り込んでしまったのか、あっという間に読み進んでしまい、終わらないで欲しいから、ページをめくりたいけどめくりたくない思いが。
サンドウィッチとスープとともに、もう一度
ゆっくりと読み直そう。
 

2012/03/17

思い込む







  たくさん職人がいた工場では、白のスエードや色の薄い汚れやすい革の時は、決まって腕のいい職人さんが手掛けていたなぁ。



半年くらい鏡を見つけていたけれど、なかなか気に入るものがなかったので、欲しいものが見つかるまで買わずにいました。
1か月くらい前に、やっと気に入った物が見つかりワクワクして到着を待っていました。
届いて開けてみると運送中に割れてしまったようで、運送屋さんがお直ししてくれて待つこと1か月、ようやく手元に届きました。
鏡を見てみると、はじめて見た時の感動がぜんぜんない。
何かが違うんだよなと眺めていると、綺麗になりすぎてる。
すごく古いフレームの物だったから、欠けていたり擦れていたりしていたのを含めてよかったのに、すっごく綺麗になっちゃった。
擦れていたフレームは・・・ピカピカです。
欠けていた部分は・・・つぎはぎしてくれてました。
もーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
行き場のないもーです。

でもきっと割ってしまったから、汚いから綺麗にしといてやろうという善意でやったことだろうし、言わなかった自分も悪かった。この鏡はこうなる運命だったんだと思い込むしかない。




2012/03/05

整理整頓しなくていい場所

ぐちゃぐちゃ



なんだこりぁ


ちょっと片付いてる


師匠の仕事場がぐちゃぐちゃしていると元気に働いてるんだなと安心する。
このぐちゃぐちゃの中で仕事の話を一緒にしている方が落ち着く。

仕事を教えてもらってた時、道具を借りようとしてもこの中から探し出すのは困難で、師匠と奥さん
みんなで探しまわることがよくあった。
ある時から見つけやすいように、すべての道具の柄に赤いテープがぐるぐる巻きつけてあった、、、、、

意地でも掃除しないんだなと思ったら、なんか笑えた。






2012/02/27

3日間のオーダー会が終了しました。











たくさんの方に足を運んで頂き、本当にありがとうございました。
売り場の方々にご協力頂き、このようなオーダー会を開催することが出来ました。自分で直接、毎日店頭に立てるわけではないので、みんなの思いが同じ方向に向いていることが大事。
普段靴に携わっていないスタッフの方たちも、革のこと、製造工程のこと、一生懸命勉強しようといろいろと質問してきてくださいました。きっとますます面白い売り場になっていくのでは。。。
引き続きメンズギャラリーの方でご覧になれますので、どうぞお立ち寄りくださいませ。


2012/02/23










2012/02/15

オーダー会について

2月24(金),25(土),26(日) 西武渋谷店 B館6F メンズギャラリーにてオーダー会を開催します。





木型4型の中からお好きな木型を選んで頂き、素材・製法までご自由にお選び頂きます。
デザインは自由です。西武渋谷店のモデルとして6型ご用意しておりますが、それをアレンジしても
いいと思いますし、ご自身の履きたいデザインでもいいと思いますので、ご相談させて頂きます。

今回のオーダー会では、私が仕事をする上で原点になっていることや背景にあるものを、ご紹介したいということで、師匠の関信義氏に最高のオリジナルの靴を木型からデザインまで思いっきり表現してくださいとお願いする運びとなりました。

私が今まで仕事を続けてこられたのは、師匠との出会いから始まっていたような気がします。
靴のことがよくわからなかった私にも、心の底から揺さぶられるような力強くもやさしい表情を持った美しい靴に感動したこと。仕事をしている姿がとても美しく見えたこと。仕事に対する姿勢や正直な生き方を見せて頂きました。
今でも変わらず、師匠の靴には靴とは、仕事とは、プロとは、もののあり様、これまで生きてきた人生観が詰まっているような気がします。
自分が靴で感動したように、人の心に何か少しでも残るような仕事ができる職人になりたいという思いが根底にあります。その思いがずっと消えずにまだまだやらなければいけないことが、いっぱいあるから、進んで来られたような気がします。
師匠は今年で引退することとなりました。私が出会った時から今まで、どんな時代でも、どんな靴を手掛けようと心の中では靴の真髄を見ていたような気がします。そしてプロ意識を人一倍強く持って最後まで仕事をしていたことが、私がこれから仕事をしていく上で大きな力となりました。
関信義氏の靴の受注は承れませんが、最後までプロの職人で生き残った仕事。そんな師匠から受け継いだことと、変化したこと。
このような機会はもうないと思いますので、ぜひお気軽に足をお運びくださいませ。
お待ちしております。

2012/02/10

頭の中を整理ーrelax-


行くとホッとできて、エネルギーが湧いてくる場所「日本民藝館」。
現在、スリップウェアと西洋工芸展が開催されています。


期限までにやらなければならないことがあるのに、アイデアがごちゃごちゃしていて手がまったく動かなかったので、手を休めて日本民藝館まで。
物が豊かでなかった時代、純粋に日常を豊かに過ごすために作られた思いが詰まっている。
今では考えられないような時間や労力をかけて作られたもの、この時代に戻ることは出来ないけれど、見習うべきことがいっぱいある。
その後、家具屋さんに行って、また100年以上も経った物たちにエネルギーを貰ったので、そろそろ手を動かさないと。


○オーダー会のお知らせ
  2月24(金)、25(土)、26(日)西武渋谷店でオーダー会を開催します。
  場所は、B館6F メンズギャラリーです。
  既存の木型4型から、木型をお選び頂きお好きなデザイン・素材・製法で承ります。
  サンプルも何点か並びますが、実際にお客様と接している売り場の方と何度も話し合いをして
  渋谷西武のお客様の要望に応えられるようなサンプルを作りました。
  始めての場所で開催されるということで、お客様により何かを伝えられたらということで、私の
  仕事の原点になっていることは…ということで、受注は承れませんが師匠の関信義氏にオリジ   
  ナルの最高の靴をとお願いしました。同時に靴を見て頂ける機会はもうないと思います。
  どうぞお気軽に足をお運びくださいませ。
  
 

 

2012/02/03

Ladie's Boots



 

2012/01/27

Men's Boots



                  履くととても雰囲気のあるカーキ色。ちょっと気分が軽やかになりそうです。